忍者ブログ

世間について語るときに私の語ること (ただそれだけのHP別館)

最近の潮流に乗ってみました。 やりやすく、また見やすくなるといいのですけども。 どうでしょう。

2017'06.24.Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008'07.09.Wed

 あぁ……、「PERSONA -trinity soul-」が面白かった。
 間違いなく私の中で今季一番面白いアニメでした。
 しかし、重い。あまりにも重い話でしたね。
 作中ヒロインが三人もいなくなるアニメなんてそうそうありませんよ。
 で、最終話何か意味不明だ、とか仰る方もいるそうですが、
 個人的には自分の中でほとんど独自ではありますが説明がつくのでような気がしたので消化不良感はありませんでした。
 ここより(あくまで独自理論ながら)ネタばれらしきもの。


 クジラ、これはペルソナが生まれいずる場所である「無意識の海」のパワースポットのようなものではないでしょうか?
 もちろん、本来は顕在化しているものではないでしょうが、アヤネという実験体が海に自ら落ち、狭間の存在に落ちることにより顕在化したと考えます。

 アヤネの目的は単純に、狭間の存在から脱しクジラに溶けるて眠ること。多分、アヤネの恨み辛みは神郷夫婦の消滅時に一緒に解消したのでしょう。
 ただ、狭間の存在たるアヤネがクジラに溶けるためには条件があって、それは普通の人間を依りしろにしなければならないという事。その依りしろにアヤネが選んだのは、一つの体に二つの精神を宿し苦悩していた洵であり、彼はこれを受け入れるたのだろう。

 諒の目的は、複合・純粋を問わずペルソナの撲滅。
 手段は、ペルソナの生まれいずる「無意識の海」のパワースポットであるクジラに複合ペルソナの集合体であるアヤネを融合させ、大本である「無意識の海」を汚しペルソナの生み出るシステムそのものを破壊する。
 結祈を攫い、洵と再び一緒にしたのは、二人が生み出すペルソナにより複合ペルソナを押さえ込み、クジラとの融合をよりスムーズにするためだと思わる。

 慎の目的は、家族の奪還。そして、複合ペルソナとクジラが融合することで10年前と同じような事故が起きる事を防ぐこと。

 結果として、諒だけ自らの目的を放棄するわけですが、
 これは、結祈と洵の言葉「諒兄ちゃんにとって僕たちが一番重い十字架」という言葉に、自分が結局、罪悪感の元である結祈と洵を遠ざけたかっただけなんじゃないか?
 という自問の末、自らの目的を放棄し洵を助け、現実に戻る事を選択したんじゃないでしょうか?
 そして、アヤネは結祈を依りしろにクジラに溶けたんでしょうね。

 とまあ、この解釈があたっているかどうかは別として本当に面白い話でございました。
 特に原作となる「ペルソナ3」をやらなくても楽しめると思いますので、よければまだ配信しているGyao等で見ていただければなぁと思います。

 閑話休題、拍手で心配してくださった方ありがとうございまいした。現在、東北を離れておりますので私自身に何があったという訳ではないのです。
 更新がないのはただの私のずぼらゆえでして本当に申し訳ありません。

PR
2008'06.11.Wed

 「PERSON trinity soul」の話があまりにも容赦がなくて、美しくて……。
 ああ、もう、干涸らびきったはずの私の両目が潤んでしまうじゃないか。
 しかし、まあ、本当に容赦ないですよ、ほんと。
 このシナリオを書いた方は「皆殺し」の異名をもつ田中芳樹さん以上にヒドイ。
 そして、このアニメ全般を貫いている地味で低温の演出がまた、話の雰囲気を壊すことなく別の意味で話を良い感じに大いに盛り上げてくれてます。
 いい意味で本当にアニメらしくない、アニメじゃないかと。
 一話一話は本当に地味で低温な話ですが、ぜひともまとめて視て欲しい、そんなアニメだと思いました。

2008'05.15.Thu
 評判通りマクロスFは面白いですねぇ。
 ところどころで、話にご都合主義が頭をもたげますが、それを補って余りある演出と音楽ですね。
 って、今更ですが、管野音楽はすばらしいですねぇ。
 私、同じマクロスでも、マクロス・プラスの音楽も大好きなので特にシェリル・ノームはド・ストレートで好きです、はい。
 もう少し、話が進んだらSS書きたいですね~とか思いました。
 んで、もう一本。
 こっちは話がかなりお気に入りなのが、ペルソナ・トリニティ・ソウルですね。
 ペルソナ3がSS書くくらい好きな訳なので、嫌いな訳がないのですがマクロスとは違ってトーンを抑えた演出と話も、本編のゲームより好きかもしれません。
 これも、できればSSが書きたい一作ですね。
 ところで、真田先輩が出てるのはいいんですけど、戌井暢は天田君と同一人物という事でいいんでしょうか?
 そうすると、飼っている老犬って虎狼丸? だったりするんでしょうか?
 いやいや、やっぱり名前が違うんで別の人なんだろうか?
 わかりませんね~。
 そんな感じで、今はこの二つがお気に入りでございます、はい。
2008'05.04.Sun

 さて、気がつけばもう4月も終わり、GWに突入している今日ですが、皆様どうお過ごしでしょうか?
 私、私はもう日々鬱々としております、はい。
 あ~、もう書く気が起きねぇ~す。
 しくしく。
 この症状は、ここ数年で一番酷いかもしれませんよ~。
 あああああぁぁ、何かこう燃えたぎるような熱い何かは無いものでしょうか、ねぇ?
 ……まあ、そんな鬱な話はここまでとしまして、恒例と化した感もある野球の話でもしますよ。
 興味ない方は、ここでさようならだ。

 で、我がイーグルも無事一ヶ月の試合を終え、現在同率3位で五分の成績を残しております。
 本日は、よりにもよって全国放送で情けないほどの大敗をきっしてしまったわけですが。全体を見ると、悪い訳ではないですね。
 少なくても某関西球団や某関東球団のように二ヶの借金をこしらえている訳でもありませんし。去年までの春先の成績を考えれば出来すぎかもしれません。
 ……何て言うか、今の状況で出来すぎとかいうのは微妙に情けない気もしますが。まあ、まだ創設4年目の球団という事を考えれば仕方ない気もしますね。
 まあ、そんな感じで5月も何とか5割はキープしてもらいたいものです、はい。

2008'04.23.Wed

 ジャイアント・キリング(講談社刊)の5巻が面白すぎる。
 とにかく、空間というか構図が美味すぎて漫画なのに動きが見えるようだ。
 あと、この漫画の良いところは決して相手が只のバカじゃない所でしょうな~。
 それはともかく、スラムダンクでもそうでしたけど試合の終盤を無音で早送りにするのはスポーツ漫画のお約束なのでしょうか?
 かなりお勧めでございます。
 ちなみに、野球では我がイーグルスは今日勝ってまた勝率を五割に戻しました。
 ありがたいねぇ~。

[1] [2] [3] [4] [5] [6
 HOME : Next »
忍者ポイント
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/11 ヤマダ課長]
[09/04 むらた]
[08/31 むらた]
[04/02 高野]
[03/29 暇人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
高野浩平
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

世間について語るときに私の語ること (ただそれだけのHP別館) wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]